屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

~けらば部の土ほこり対策は何がある? Q080~ 図解 屋根に関するQ&A

図解 屋根に関するQ&A

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

 

「化粧スレートのけらば部の欠点・問題はわかったけど、何か対策はあるの?」とお施主さまから質問をいただきました。

  

Q:けらば部の土ほこり対策は何がある? ~Q080~

 

f:id:capuriclub:20170630143611j:plain

 

A:化粧スレート屋根の問題点であるけらば部の対策としては、シール付きけらば水切りがある。シール材で水切りとスレート屋根の裏面の隙間をふさぎ、土ほこりの堆積による雨水が水切りからオーバーフローする現象を改善できる。比較的安価にひと手間で雨水浸入を防ぐことができる優れもの!

 

f:id:capuriclub:20170630163254j:plain

 

築6年半経過した暴露実験棟の水切りです。

シール材を境に右側は土ほこりが堆積しているが、左側は土ほこりがない状態です。

シール材がスレート裏面に密着することで、土ほこりが水切り全体に広がることを防ぐ効果が証明できました。

雨水は土ほこりでせき止められても、シール材の左側を流れることができるので、水切りからオーバーフローすることはありません。

 

f:id:capuriclub:20170630163423j:plain

 

シール付の有無の違いを確認するために同じけらば部で通常の水切りとシール付を施工しました。

通常の水切りでは水切り全体に土ほこりが堆積していました。

 

f:id:capuriclub:20170630163753j:plain

 

上下で見比べるとシール材の効果が歴然です。

実際の現場では、築10年を過ぎてくると土ほこりの堆積によるオーバーフローが確認されています。

オーバーフロー水は留め付け釘から野地合板へ浸水しますので、簡単な対策となるシール付けらば水切りは家を守る大切なアイテムです。

  

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者 

    しろあり防除施工士   

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o