屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

~瓦とルーガ(樹脂屋根材)、どっちが丈夫? Q051~ 図解 屋根に関するQ&A

図解 屋根に関するQ&A

 

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

 

「TVコマーシャル見たけど、瓦とルーガはどっちが丈夫なの?」とお施主さまから質問をいただきました。

 

 

Q:瓦とルーガ(樹脂屋根材)、どっちが丈夫? ~Q051~

 

 

f:id:capuriclub:20170525185115j:plain

 

 A:もちろん、瓦の方がルーガ(樹脂繊維セメント混合屋根材)より耐久性は高い。屋根材の性能比較はいろいろあるが、住宅を守る上では、耐久性は重要。屋根材で続いている商品は、瓦と化粧スレート(50年以上)。その他の新建材はほとんど劣化して、長く続いていない。間違いなく、瓦が丈夫。

 

f:id:capuriclub:20170525190559j:plain

 

まず、ルーガ(樹脂繊維セメント混合屋根材)は瓦ではありません。(コマーシャルがまぎらわしい)

樹脂系のため、衝撃に強いとか軽いとか、瓦より優れている面もあります。

しかし、丈夫さで言えば、間違いなく瓦です。

 

f:id:capuriclub:20170525191004j:plain

 

このグラフは、凍結融解試験(寒暖差を意識した屋根材のいじめ試験で、凍らしたり、融かしたりする試験)を行ったときの屋根材重量減少を調べた結果です。

300回で、三州瓦(赤)は0.5%も変化がなく、やっぱり強い。

踏み割れや色の変化、劣化が問題となっている化粧スレート(青)でも5%以下の変化で、ある程度横ばい。

それに比べて、ルーガ(緑)は11%以上の重量減少で、問題となっているスレートと比べても3倍の変化、瓦と比べるとなんと20倍以上変化しています。

さらに、300回を経過しても、右肩上がりでどんどん減少している。

このままでは、900回で重量が2/3となってしまう状態です。

本当に大丈夫??

 

いままで、セメント系・樹脂系・繊維入り系の数十種類の屋根材が消えてなくなっていますので、ご注意ください。(被害にあわれた方も多いと思います。)

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者 

    しろあり防除施工士   

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o