読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

~いぶし瓦と釉薬瓦の性能って同じなの? Q046~ 図解 屋根に関するQ&A

図解 屋根に関するQ&A

 

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

 

「いぶし瓦と釉薬(ゆうやく)瓦の性能は違いがあるの?」とお施主さまから質問をいただきました。

 

 

Q:いぶし瓦と釉薬瓦の性能って同じなの? ~Q046~

 

 

f:id:capuriclub:20170518152150j:plain

 

A:三州(さんしゅう)瓦においては、いぶし瓦と釉薬瓦の性能はほぼ同じ。三州瓦内では、同じ原料(粘土)を使用しているので、性能に大きな影響を与える原料、形状、焼成温度はほとんど同じである。そのため、瓦において必要とされる耐久性、強度、耐水性、耐火性、耐寒性、耐風性、遮音性も同じとなる。

 

f:id:capuriclub:20170518153459j:plain

 

いぶし瓦は三州瓦以外に、地方の瓦産地や淡路瓦で生産されています。

産地が異なることで、原料の粘土が異なり、生産条件が異なってきます。

この産地の違いが瓦の性能を大きく変化させています。

三州瓦ではない比較的温暖な地域の瓦は焼成温度が低いため、寒い地域で施工すると凍害などの不具合が発生する事例も報告されています。

 

基本的な屋根の分類としては、いぶし瓦も釉薬瓦も同じ粘土瓦に含まれます。

 

f:id:capuriclub:20170518154731j:plain

 

f:id:capuriclub:20170518154036j:plain

 

いぶし瓦は表面の意匠は炭素膜の銀色となっています。

社寺仏閣で多く使用されている瓦ですが、経年で色ムラが発生します。

大きさな屋根では、経年の色ムラが自然でいいと評価を受けます。

また、瓦が一部欠けた場合でも、中身も銀色のため目立ちにくくなっています。

 

f:id:capuriclub:20170518154436j:plain

 

 

釉薬瓦は表面の意匠は釉薬で発色させて、さまざまな色あいを表現できます。

約1150℃の高温で焼成していますので、窯から出た後、釉薬が塗装製品のように変色したり、はがれたりすることはありません。

釉薬とは、食器などと同じですので、雨水に打たれても、高温で乾燥されてもびくともしません。)

いぶし瓦との違いとして、変色などがないため、新築時の雰囲気から大きな変化はありません。

また、一般住宅用が多いため、いぶし瓦に比べて、釉薬瓦の方が軽量となっている違いがあります。

 

まとめると、基本的には、産地が同じいぶし瓦と釉薬瓦の性能はほとんど同じと言えます。

 

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者 

    しろあり防除施工士   

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o