屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

~洋瓦(ようがわら)ってなに? Q043~ 図解 屋根に関するQ&A

図解 屋根に関するQ&A

 

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

 

「家の屋根は洋瓦だったと思うけど、洋瓦ってどういうものなの?」とお施主様から質問をいただきました。

 

 

Q:洋瓦(ようがわら)ってなに? ~Q043~

 

 

f:id:capuriclub:20170516105108j:plain

 

A:洋瓦と言われる瓦は、フランス瓦、S形瓦、スパニッシュ瓦がある。日本建築(和風)が多い時代に、洋風建築に適した瓦として分類された。現在では、和洋折衷となり、瓦においてもF形瓦が多くなったので、あまり、洋瓦とは呼ばれなくなっている。

 

f:id:capuriclub:20170516114829j:plain

 

フランス瓦は大正時代に生産がはじまりましたが、現在は生産されていません。

(フランス瓦の流れをくんだF形(えふがた)瓦が現在は生産されています。)

フランス瓦の葺き方は千鳥(ちどり)葺きとなっていて、瓦半分、ずらして横方向に並べます。

 

f:id:capuriclub:20170516121258j:plain

 

現在のF形瓦に比べて、縦長の形状になっています。

 

f:id:capuriclub:20170516121631j:plain

 

洋風建築にマッチする形状になっています。

 

f:id:capuriclub:20170516122341j:plain

 

S形瓦は大正時代に勾配の強い洋風建築に使用されるために、スパニッシュ瓦の改良型として日本で開発された瓦です。

スパニッシュ瓦の上丸と下丸をくっつけた形状です。

形状がSの字を横にしたようなデザイン(S字形)で、瓦の山形が高く、大きな洋風屋根に合い、よく採用されています。

 

f:id:capuriclub:20170516123630j:plain

 

現在でも生産されている瓦です。

釉薬(ゆうやく)瓦の色種は数が多く、混ぜ葺き屋根にも多く採用されました。

 

f:id:capuriclub:20170516124805j:plain

スパニッシュ瓦は、上丸瓦と下丸瓦を交互に組み合わせて葺きます。

大正時代にスペインから輸入されたのがはじまりです。

 

f:id:capuriclub:20170516125652j:plain

スパニッシュ瓦は色合いと形状に特徴があります。

現在も輸入瓦で、古びた雰囲気の混ぜ葺用瓦が店舗などで採用されています。

 

洋瓦と言われると以上の3タイプが主流となっています。

和瓦と山の大きさやピッチを変えたり、葺き上がりで和瓦と異なるイメージを演出しています。

 

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者 

    しろあり防除施工士   

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o