読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

~金属屋根はどうなると要注意なの? Q041~ 図解 屋根に関するQ&A

図解 屋根に関するQ&A

 

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

 

「金属屋根は何年ぐらいもつの?」とお施主さまから質問をいただきました。

 

 

Q:金属屋根はどうなると要注意なの? ~Q041~

 

 

f:id:capuriclub:20170513131041j:plain

 

A:金属屋根にさび・色あせ・軒先の劣化・変形・へこみ・浮きが発生したとき。屋根を下から見たときに、このような症状があったら、要注意。早めに、屋根工事業者さんなどに点検・補修の依頼が必要。特に、築10年程度で、工務店さんや屋根工事業者さんに色あせ・軒先などの点検依頼することがポイント!

 

f:id:capuriclub:20170513134227j:plain

 

くれぐれもご自分で屋根に上がって、点検することは落下・滑落の危険があり、大事故につながる可能性がありますのでおやめください。

 

実際の要注意の状態を写真で示します。

 

夏の猛暑や台風など過酷な気象条件から暮らしを守る屋根。

屋根の色あせやひび割れなどを放置しつづけると、住まいが古ぼけて見えるだけでなく、雨漏れや躯体の劣化につながり、住まいの寿命を縮めるおそれがあります。

 

f:id:capuriclub:20170513134314j:plain

 

金属屋根は表面塗装品です。

塗料が紫外線劣化等でダメージを受け、5年~10年程度で色あせが発生します。

ガルバリウム鋼板の場合、色あせ⇒白さび⇒赤さびの順に変化が発生します。

色あせが生じたら、表面を再塗装することで、屋根の使用期間をのばすことができます。

点検時、表面にチョーキング(触ると白い粉が指に付着する)が発生したら、再塗装が必要となります。

 

再塗装を行わないとさらに劣化が進み、さびが発生します。

さびが発生した場合は、再塗装の効果は少なく、塗膜のはがれなどが早期に発生します。

 

f:id:capuriclub:20170513135403j:plain

 

金属屋根は5年毎の点検、チョーキングによる再塗装を行い、赤さびの発生を防ぐことが重要です。

赤さびが発生した場合は、葺き替えとなります。

 

f:id:capuriclub:20170513135843j:plain

 

また、軒先のさび・劣化を確認することも点検ポイントになります。

軒先部は金属屋根材の裏面に雨水がまわりこむ弱点となって、さびが発生しやすい部位と言えます。

さらに、軒先部は耐風対策として重要な部位となので、劣化したまま放置しておきますと強風時に屋根全体が飛散するため、大変危険であり、思わぬ大災害となる可能性があります。

軒先部は屋根面に比べて、再塗装も細部まで行えません。

軒先部にさびが発生したときが葺き替えの目安とも言えます。

 

変形・へこみ・浮きなどが発生した場合も葺き替えの目安となります。

 

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者 

    しろあり防除施工士   

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o