屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

~瓦はどんな種類があるの? Q038~ 図解 屋根に関するQ&A

図解 屋根に関するQ&A

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

 

「子供から瓦の種類って、いろいろあるの?と聞かれたけどよくわからないね?」とお施主さまから質問をいただきました。

 

 

Q:瓦はどんな種類があるの? ~Q038~

 

 

f:id:capuriclub:20170510113245j:plain

 

A:形状の違いから分類すると、3種類ある。J形瓦(日本瓦)、F形瓦、S形瓦(洋瓦)が主要である。一般の方が瓦と言われてもっともイメージされるのは、J形瓦であり、一般的には日本瓦と呼ばれている。葺かれた屋根をみると波形状に見えるので、「甍(いらか)の波」と鯉のぼりの歌詞にも連想されて出てくる。S形瓦は洋瓦のイメージで、大きな屋根に多く使われる。F形瓦は現在、住宅などにもっとも多く使用されている。

 

f:id:capuriclub:20170510115112j:plain

 

簡単に瓦の形状を紹介いたします。

 

f:id:capuriclub:20170510115211j:plain

 

昔からたくさんの住宅に使用されてきました。

江戸時代に日本で発明された形状です。

他の瓦は形状からF形、S形とネーミングされていますが、J形はJAPANESE(日本製)のJとなっています。

 

f:id:capuriclub:20170510120153j:plain

 

現在は新築での採用は少なくなっています。

昔は洋風住宅に多く使用されました。

 

 

F形と呼ばれる瓦は、さらに3タイプに分類できます。

 

f:id:capuriclub:20170510120452j:plain

 

現在、新築では多く使用されています。

表面が平らな形状となっていますので、屋根がすっきりしたイメージとなります。

 

f:id:capuriclub:20170510122727j:plain

 

雨の横走りを防ぐために、平らな形状の中でもU字の凹みがあるデザインとなっています。

屋根では立体感を感じるイメージとなります。

 

f:id:capuriclub:20170510123112j:plain

 

 F形の分類ですが、屋根としてみると波形状を感じるイメージとなります。

狭い幅で山谷が連続しますので、洋風住宅に適しています。

 

 

おおよその屋根材工設計価格では、J形瓦10,500円/㎡、S形瓦11,000円/㎡、F形瓦8,000円/㎡となっています。

耐久性能、遮音性能、重量的には、どの種類も大きな差はありません。

 

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者 

    しろあり防除施工士   

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o