読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

~瓦の産地はどこ? Q033~ 図解 屋根に関するQ&A

図解 屋根に関するQ&A

 

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えしています。

 

 「瓦はどこで造られたものなの?」とお施主さまからお問い合わせいただきました。

 

Q:瓦の産地はどこ? ~Q033~

 

 

f:id:capuriclub:20170430162331j:plain

 

A:ほとんどすべての瓦は日本で造られている。(MADE IN JAPAN)輸入瓦は極わずかである。日本での産地は図にあるように、南は沖縄赤瓦(沖縄)から北は安田瓦(新潟)と、地瓦(じかわら)として各地に存在している。瓦の三大産地としては、三州瓦(愛知)、石州瓦(島根)、淡路瓦(兵庫)となっていて、全国の90%以上の生産量となっている。特に、三州瓦は住宅の洋風仕様にも対応していて、全国の65%以上を生産している。

 

 

f:id:capuriclub:20170430163457j:plain

 

瓦は各地域で生産され、各地域の屋根・瓦文化を築いてきました。

沖縄の赤瓦(素焼き色)は屋根にしっくいで固められながら施工され、沖縄の風土にあった仕様となっています。(強風・大雨)

京・奈良瓦は歴史ある社寺仏閣に多く使用されています。

淡路瓦はいぶし瓦を多く生産していて、西日本の和風屋根に多く採用されています。

石州瓦から安田瓦までの日本海地方では、瓦の原料となる粘土が高温焼成に適しており、高温焼成した釉薬(ゆうやく)瓦に特化しています。

高温で生産しているため、塩害・凍害に強く、日本海側の寒い冬に適した仕様となっています。

 

f:id:capuriclub:20170430164938j:plain

 

三州瓦は愛知県の三河地方(高浜、碧南、半田、刈谷安城)で生産された瓦の総称です。(この地域の瓦製造メーカーは愛知県陶器瓦工業組合に属しています。)

三州瓦はいぶし瓦、釉薬瓦、洋風瓦(平板瓦、S形瓦)、社寺仏閣瓦、鬼瓦とすべての種類を生産しています。

特に、洋風瓦は全国のほとんどのエリア(九州~北海道)をカバーしています。

瓦について、何かあれば、まずは三州瓦にお問い合わせください。

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者 

    しろあり防除施工士   

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o