読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

図解 屋根に関するQ&A ~軒の出ってなに? Q011~

図解 屋根に関するQ&A

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えします。

 

「家の軒の出があった方が絶対いいよ!」と工務店さんに言われました。

 

Q:軒の出ってなに? ~Q011~

 

f:id:capuriclub:20170403183654j:plain

 

A:軒(のき)とは外壁から外にある屋根の部分のこと。軒の出は軒がでている長さのこと。軒の出は250㎜以上、300、450、600、900㎜が一般的である。軒の出がないor250㎜未満のものを軒ゼロと呼んでいる。

 

f:id:capuriclub:20170403185049j:plain

 

軒の出は屋根の軒側とケラバ側で異なることがあります。その場合、厳密には軒先の出とケラバの出と区別して言います。

軒ゼロは新築において、軒ゼロ(箱型)住宅に採用されるため増加傾向となっています。

特に、都心部の狭小地では特にその傾向が強くなっています。

 

昔の住宅では、ほとんど軒の出がしっかりありました。

その利点として以下の通りです。

・壁・窓に雨掛かりすることを防ぐことができ、雨漏りリスクを軽減できます。

・夏の直射日光を室内に入れることを防ぎ、遮熱効果があります。

・雨宿りすることができ、また雨滴の跳ね返りで基礎や柱、外壁が濡れることを防ぎ、劣化を軽減できます。

 

f:id:capuriclub:20170403190850j:plain

 

軒ゼロの場合は、この利点がなくなります。

 

f:id:capuriclub:20170403190926j:plain

黄色の部分が軒・ケラバとも軒の出がありません。

特に軒ゼロ住宅の雨漏りが多く発生していると報告されていますので、その対策が必要となります。

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等がありましたら、ご連絡くださいね。

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o