屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

図解 屋根に関するQ&A ~透湿ルーフィングってなに? Q006~

図解 屋根に関するQ&A

 

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えします。

 

「ルーフィングは透湿ルーフィングにした方がいいよ」と工務店さんに言われました。

 

 

Q:透湿ルーフィングってなに? ~Q006~ 

 

 

f:id:capuriclub:20170326134228j:plain

 

A:屋根材(1次止水層)の下方に敷設し、2次止水層として働く連続したシート状の防水材料(ルーフィング)の内で、透湿抵抗が一定以下であるように透湿性を付与したルーフィング。

f:id:capuriclub:20170326135947j:plain

 

青色⇒は屋根の野地板(野地合板)の上に敷設された赤色⇒が透湿ルーフィングです。

ルーフィングには、アスファルトルーフィング、改質アスファルトルーフィング、透湿ルーフィングがあります。

アスファルトルーフィング系は透湿性が低く、防水性を高めた材料となっています。

一方、透湿ルーフィングは屋根の湿気を排出することによって、木材の腐朽を防ぎ、快適な状態に保ち、屋根を長寿命化させる特徴があります。

50年相当の耐久試験も行い、材料自体の長寿命化も示しています。

高断熱・高気密住宅の先進国であるドイツなどのヨーロッパでは標準的に使用されているルーフィングで、日本でも高断熱・高気密住宅の増加とともに採用されています。

日本でも通気構法の壁では透湿防水シートが標準となっていますが、その屋根仕様が透湿ルーフィングと言えます。

透湿性がありながらの防水材料という高機能材料となっていますので、価格的にも高価となっています。

 

f:id:capuriclub:20170326142349j:plain

 

屋根材とルーフィングの間に空気層がある瓦屋根などの長寿命住宅の屋根には、適したルーフィングと言われています。

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等ありましたら、ご連絡くださいね。

 

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o