屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

図解 屋根に関するQ&A ~石綿スレートってなに? Q003~

図解 屋根に関するQ&A

 

 

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えします。

 

「お宅の屋根は石綿スレートかも?ちょっと廃棄費用が高いよ」とリフォーム屋さんに言われました。

 

 

Q:石綿スレートってなに? ~Q003~

 

 

f:id:capuriclub:20170323174041j:plain

 

A:日本工業規格(住宅屋根ふき用石綿スレートJIS A5423)に規定された「セメント及び石綿を主原料とした屋根ふき材で、主に野地板下地の上に施工する住宅用の石綿スレート」のこと。つまり、石綿の入った化粧スレート屋根材。

 

 

屋根材および屋根は下記の状態。

 

f:id:capuriclub:20170323175303j:plain

f:id:capuriclub:20170323175322j:plain

 

洋風の住宅で多く採用された屋根材です。

昭和35年に、久保田鉄工(株)がカラーベストコロニアルを米国より技術導入し、国産化したもので、軽く、葺きやすく、地震・台風に強いと言って販売されました。

昭和30年代後半からの建物のプレハブ化・乾式化・軽量化の時流に乗って急速に普及しました。

他の製造メーカー(松下電工(株)、積水化学工業(株))なども参入しました。

 

石綿スレート屋根材の作り方は、湿式(抄造圧搾)成型法と乾式成型法がありました。

湿式成型法は石綿、セメント、水を混合し、抄造、成型、裁断、養生という工程で生産されました。

しかし、経年で凍害などによる層状剥離が発生して大きな問題となり、現在では1社も生産していません。

乾式成型法は石綿、セメントを乾いたまま混合させてから水を加え、再び混合する生産工程で、現在のKMEW(株)のカラーベストコロニアルの生産方法になっています。

 

2005年6月に(株)クボタの記者発表により、石綿アスベスト)は「悪魔の鉱物」「殺人繊維」「静かな時限爆弾」と呼ばれ、大きな社会問題となり、2006年10月には使用禁止となり、石綿スレートも生産中止となりました。

それ以降の化粧スレート屋根材は石綿が入っていません。

 

冒頭の廃棄費用が高いという話ですが、石綿入り建材の解体・廃棄は石綿障害予防規則、労働安全衛生法廃棄物処理法などで厳しく取り決められています。

そのため、年々廃棄費用が高額になっているのは事実です。

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等ありましたら、ご連絡くださいね。

 

 

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o