読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

図解 屋根に関するQ&A  ~いぶし瓦ってなに? Q002~

図解 屋根に関するQ&A

 

よく聞かれる屋根への質問にわかりやすくお答えします。

 

「瓦はいぶし瓦がいいよ」と工務店さんに勧められました。

 

Q:いぶし瓦ってなに? ~Q002~

 

f:id:capuriclub:20170320164249j:plain

 

A:粘土瓦の1種類。粘土瓦の最終の焼成工程で”いぶし”と呼ばれる燻化(くんか)工程があり、銀色の炭素膜を表面に形成したもの。その独特の色調から「銀色瓦」、「黒瓦」などと呼ばれることもある。

 

 

f:id:capuriclub:20170320170327j:plain

 

いぶし瓦の製法が伝えられたのは安土桃山時代に中国・明(みん)からだそうです。

織田信長の命により、安土城の粘土瓦をいぶして焼いたのがはじまりです。

 

製法としては、焼成の最終工程に燻化工程があり、ここで加熱した粘土素地に炭化水素を含むガスを接触させて素地表面に炭素を主成分とする炭素膜を形成し、そのあと炭素膜の燃焼がないように窯を密閉して冷却する製造方法です。

古くは松材や松葉といった燃料を一度に投入して空気を遮断、乾溜ガスによって形成していました。

最近ではブタン、プロパンなどのLPGの生ガスや水を希釈した灯油などの工業製品が使用されます。

 

f:id:capuriclub:20170320172102j:plain

 

ちなみに、いぶし瓦の粘土瓦における出荷割合は平成26年度では14.3%です。

いぶし瓦のもつ渋い銀色の光沢は社寺仏閣はもとより日本建築によく似合います。

また、経年変化による色合いのムラも経年美として好まれ、さらに、わざとはじめから経年した色合いのある古色瓦(こしょくかわら)も文化財の葺き替えなどで使用されてています。

 

 

図解 屋根に関するQ&Aでは、よく聞かれる屋根の質問にお答えしています。

 

屋根のご相談等ありましたら、ご連絡くださいね。

 

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o