屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

"お施主様ファースト"の屋根って、どんな屋根材?

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

今日は朝から愛知県陶器瓦工業組合の技術委員として、埼玉県草加にある建材試験センターで実験を行いました。

 

f:id:capuriclub:20170227211840j:image

 

瓦の安全性を確かめるための実験でした。

細かい検討ができていないので、詳細は申し上げられませんが、より瓦の安全性を裏付ける結果を得ることができました。

 

しかし、予想以上に時間がかかったために、終電ギリギリでの帰宅となりました。

 

東京駅で新幹線を待っているとふっと屋根が気になりました。

 

f:id:capuriclub:20170227212949j:image

 

駅舎の屋根は昔、ほとんどスレート波板でした。

なぜなら、雨漏りしにくい屋根材だったからです。

しかし、アスベストが原料の製品だったために、現在の新しい駅舎の屋根ではスレート波板は使用されず、金属屋根が多くなっています。

 

東京駅の新幹線ホームの屋根も金属屋根になっていました。

 

f:id:capuriclub:20170227213928j:image

 

波型の屋根というより立て平葺きのような形状に見えました。

 

f:id:capuriclub:20170227214302j:image

 

軒先部をよく見て見ますと金属屋根の裏面が変色していました。

金属屋根材本体の腐食とは言えませんが、雨水が廻った影響と考えられます。

 

全ての屋根部分で同じ軒先の現象が確認できました。

 

 

話しはまた戻り、実験中に聞いたのですが、金属屋根はたいへん雨漏りの事故が多いそうです。

 

軒先部やその他、取り合いの問題が多いそうです。

最近の流行で金属屋根が増えていますが、"お施主様ファースト"となっているとは言い難い部分もあります。

例えば、金属屋根材の材料保証は、加工(曲げ、成形)などをすると保証外となります。

つまり、真っ平らな材料なら保証するが、屋根材となると保証しないというのは、お施主様にとっては全く意味のない保証ですよね〜。

 

その点、瓦は適切な地域で使用すれば、長持ちですよ〜。

いろいろな実験を行い、さらなる向上を目指しています。

大切な住宅の屋根ですので、いろいろ調べることが重要になりますよ〜!