屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

耐風試験 瓦 耐火野地

大きい公共の建物などは構造計算が必要とされます。

また、屋根では耐火野地を使用されることが多くなります。

この場合、瓦屋根の耐風圧性能が求められます。

 

そこで、三河窯業試験場で瓦用耐風試験機で試験を行いました。

 

 

上写真のように瓦を施工します。

瓦は真ん中に孔を開けボルトを留め付けます。

ボルトに試験機のワイヤーを繋げて真上に引っ張ります。

瓦9枚を同時に引っ張って耐力を確認します。

 

 

試験体の作成を簡単に説明します。

青⇒の垂木の上に、今回使用する黒⇒の耐火野地(厚み18?)を留め付けます。

その上に、瓦を留め付けるための赤⇒の瓦桟木(今回は樹脂製)を留め付けます。

 

 

今回は瓦の留め付けは瓦桟木だけに留め付ける仕様となっているため、45mmの短いビス(ねじ)を使用しました。

 

 

施工が終わると試験機の治具やワイヤー、変位センサーなどを取り付けてます。

 

 

試験機のワイヤー(青い部分で試験体と連結)は曲げ破壊試験につながれます。

目標荷重分だけ瓦を引っ張るために下側に引っ張ります。

瓦に付いた変位センサーの変位量が赤丸部分で表示されます。

 

 

試験体は真上に引っ張り上げられます。

上に荷重がかかると瓦同士に隙間ができます。

50?以上変位すると不合格となります。

設定した荷重まで引き上げると今度は荷重0まで引き下げます。

これを1回のサイクルとして、150回繰り返し荷重を付加します。

試験体が破壊することなく、150回繰り返してもとに戻れば合格となります。

 

 

ホールレス仕様で樹脂桟木の場合は、白丸のように桟木の撓みが大きくなります。

 

 

150回繰り返して、耐火野地・ホールレス仕様で合格しました。

撓んだ桟木ももとに戻りました。

 

このように、瓦の素材の評価だけではなく、施工状態での耐風性能、防水性能、耐震性能も日頃から試験して評価しています。

また、大型物件などでは、このようにその仕様での性能評価も行っています。

今後も瓦を安全・安心に使用していただけますように日々努力して参ります。  

 

ooooooooooooooooooo

 

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 kao

住宅調査・雨漏り調査  ()藭清(かみせい)

神谷 昭範(かみや あきのり)です

 

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】(JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士
   二級建築施工管理技士

(株)藭清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/
     
無料点検

 

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋・安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多 等

ooooooooooooooooooo