読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

公園・グラウンドの排水工事? 排水改良

ブログ

公園の排水改良工事が終わりました。

昨夜、終わってから初めて大雨が降ったので、様子を見ました。

{B179B278-8226-4DE7-94BF-531486B345BF}

早朝でしたが、ほとんど水溜まりはありませんでした。

比較のために、すぐ近くの公園も見ました。

{5C651F87-E96F-4ECF-B653-3F94C3D85C40}

こちらの公園は芝生でしたが、水溜まりがポツポツありました。
はっきりと排水改良工事の効果が確認できました。


改良工事の写真を振り返って見ます。


{60159F81-CE2E-418B-8716-08A76D30BCA7}

{29C6B631-6B16-4EE6-8C16-FFF8E147AD27}

{B388AC61-A1A6-44B8-8C59-CC5D620AC6AB}

{AB1014A3-9C54-40A5-9630-0467DD946D20}

{97D1BD92-C30C-4CD5-8DAA-810520ABAC7C}

{843221D8-50E1-4E8E-8058-7D6ACA65914B}

{D96A97CB-DFCA-44BD-B84A-6DDB80B5297D}

{E19C9893-25A0-49B8-99FA-C8454E4B128D}

細かい仕様はわかりませんが、水はけの悪いグラウンドを掘り返して、排水管を通して、瓦の粉砕物を敷き詰めていました。
芝生に比べて効果はありそうです。
材自体は保水するため、ヒートアイランド化対策にもなります。
野球やサッカー・フットサルのグラウンドには最適ですね〜❣️

法律などわかりませんが、熊本城など震災で発生した瓦の割れたものをその近くの公園・グラウンドの排水材や埋め戻し材と使えると循環していいかなぁと思いました。  (*^o^*)