屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

厚形スレート(セメント瓦)軒先 不具合事例

築20年程度の厚形スレート(セメント瓦)屋根の軒先部において、不具合事例が多く報告されています。



軒先2


上写真のように、築20年程度で表面が褪色・コケなどで劣化しています。


しかし、それより以上の不具合として、軒先部の劣化があります。


現在は、軒先部に軒先水切りを設置します。



軒先1


赤丸の軒先水切りはスレートの内部に入った雨水を樋へ誘導します。


築20年程度の厚形スレート(セメント瓦)屋根では、この軒先水切りが入っていません。


軒先3


下から覗いてみると軒先水切りがなく、下からセメント瓦の裏面が見えます。



軒先4


セメント瓦を剥がしてみると⇒の部分で、破風が立ち上がっています。

屋根勾配で流れ来た雨水はこの部分せき止められ、滞留します。



軒先5


滞留した雨水が合板や破風板を長時間に渡り湿潤して劣化します。


また、野地板が劣化する前に、破風板や軒天材が劣化する場合もあります。


この事例は大変多く発生していますので、ご自宅がセメント瓦の場合、一度、軒天材の汚れ・劣化などをご確認ください。


劣化している場合は、軒先水切りを入れる改修を行うか、全面の葺き替えをお奨めいたします。

(#⌒∇⌒#)ゞ




ooooooooooooooooooo


創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 kao

住宅調査・雨漏り調査  ()藭清(かみせい)

神谷 昭範(かみや あきのり)です



【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】(JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士
   二級建築施工管理技士

(株)藭清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/
     
無料点検


所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋・安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多 等

ooooooooooooooooooo