屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

建築研究所 見学

茨城県つくば市にある国立研究開発法人 建築研究所の見学に参加しました。


建研3


広大な敷地(約54,000坪)に何棟も実大実験棟が建設されていました。


建研1

建研2


安全・安心で持続可能な住宅・建築・都市の実現に向けて、国土交通大臣から示された中期目標に基づき、研究を実施し、研究開発の成果は、行政政策の立案や技術基準の策定等に反映される機関です。


その中の1つの実験棟として、ライフサイクルカーボンマイナス住宅(LCCM)が建設されています。 


建研3
建研9

LCCM住宅とは、住宅の長い寿命の中で、建設時、運用時、廃棄時においてできるだけの省CO2に取り組み、かつさらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時のCO2排出量も含めて生涯でのCO2収支をマイナスにする住宅です。

赤丸が太陽光発電パネル+太陽熱給湯集熱パネルとなっています。

青丸は南面大開口と遮蔽ルーバーとなっています。


建研4


外には、高効率給湯器や燃料電池も設置されていました。


建研5


建物内は多くのセンサーで測定されていました。

赤丸は蓄電池となっていました。


建研6

南面大開口の室内です。青丸は夏の日射を反射させる木製ルーバーです。

赤丸は冬の日射を有効に使うための蓄熱床となっていました。


建研7


赤丸は室内の風通しを考慮し、空気の流れを作り出す通風塔となっていました。

開口部の配置や配灯計画による光環境も考慮されていました。

建研8


季節・時間に応じて衣替えのできる住宅となっていました。

4月の晴れ日で、外気温20℃のときに、2階室内温度25℃、大開口面空間の温度は32℃と室内が暑いくらい日射熱が取り入れられていました。

32℃にはびっくりしました。

建研10

これは北面なのですが、5年程度で早くもコケなどで汚れていました。

高性能なLCCM住宅を実用化する上では、さらに長寿命な建物外皮・部材が取り入れられることが重要であり、経済的効果もでてくると思います。   (#⌒∇⌒#)ゞ



ooooooooooooooooooo


創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 kao

住宅調査・雨漏り調査  ()藭清(かみせい)

神谷 昭範(かみや あきのり)です



【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】(JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士
   二級建築施工管理技士

(株)藭清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/
     
所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋・安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多 等

ooooooooooooooooooo