読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

瓦屋根 メンテナンス 耐震化

東日本大震災から5年が経過しました。大地震による大きな揺れにより、瓦屋根に多くの被害が発生しました。今日は、同業者の社長さんから耐震工法について、ご助言いただいたのでタイムリーに改めて被害原因について考えてみたいと思います。


棟1


上写真は2011年3月の茨城県衛星写真です。

黄色のマークはブルーシートがかかっている屋根です。この狭いエリアで約110棟の瓦屋根に被害が発生しました。


棟6


瓦屋根の棟部(一番上の部分)が地震で崩れました。

この原因について調べました。



棟2


上図は瓦棟部の断面図です。棟部は湿式工法となっていまして、瓦を土で固めた工法となっています。2003年以前によく行われていました。

旧工法である大回し工法(冠瓦とのし瓦だけを銅線で大きく回して縛っている工法)と言われています。

冠瓦・のし瓦が棟木などの躯体と連結されていないため、大きな揺れで土と瓦の密着面が剥がれ脱落するというものです。


現在の瓦屋根は、耐震性が実証されているガイドライン工法で施工されています。


棟4


棟に補強金物が入っていて、躯体と冠瓦・のし瓦が連結されています。


棟7


赤丸が補強金物です。垂木を躯体を連結しています。


棟8


のし瓦同士を1枚毎銅線で連結させます。


棟9


冠瓦は1枚毎に躯体に連結している垂木にねじ留めします。

これで、ガイドライン工法の棟部が完成となり、耐震性は実証済みです。



関東から関西までの大地震が発生していない地域では、旧工法の瓦屋根がまだ数多く施工されています。

住宅の点検時などに確認されることをお奨めいたします。

地上から棟部を見るだけで、簡単に旧工法かどうか見分けることができます。

冠瓦とのし瓦の外側を銅線がぐるぐると巻いている線が見える場合は旧工法である大回し工法となります。


2003年以前屋根では、もうすぐ15年以上経過したことになりますので、部分補修として、棟部の耐震化をお奨めいたします。

耐震金物を外付けする比較的安価な補修方法も愛知県さんとの共同研究で開発されていますので、興味のある方は瓦専門工事店さんなどにご連絡ください。 


このブログを読んでいただいた方は、とりあえず、すぐに自宅の屋根を見てください。これも何かの縁で思い立ったら吉日ですよ〜。   (#⌒∇⌒#)ゞ



ooooooooooooooooooo


創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 kao

住宅調査・雨漏り調査  ()藭清(かみせい)

神谷 昭範(かみや あきのり)です



【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】(JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士
   二級建築施工管理技士

(株)藭清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/
     
所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋・安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多 等

ooooooooooooooooooo