屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

太陽光パネル設置 現場調査 日本瓦

太陽光パネル設置で、現場調査を行いました。

既築の建物で、日本瓦の現場でした。


和瓦1


立派な釉薬瓦(いぶし銀系)でした。築15年以上は経過していました。


和瓦3


一般の方や、電気屋さんではわからないと思いますが、普通の瓦とは種類が異なっています。


?瓦の先端が切落しタイプになっています。


この切落しの場合、通常の日本瓦とは大きさが違うかなと注意深くなります。

(通常の日本瓦は1坪あたり53枚使用する大きさとなっています。)


和瓦2


?1枚の働き長さを測ってみると215?と少し短かいです。

(通常の日本瓦は1枚の働き長さが235?となっています。)


これは、中深桟瓦と言われる高級な種類の瓦でした。1坪あたり58枚使用します。瓦同士の重なりが大きく、耐風性が高くなっています。


太陽光パネル設置するときに、アルミ製の支持瓦を一般的に使用していますが、中深桟瓦の大きさのアルミ支持瓦がないため、異なる留め付け方となる支持金具で設置しなければなりません。


この判断が瓦工事業以外の異業種の太陽光設置業者さんでは、ほとんどできません。大きさの違う支持瓦を無理やり留め付け、雨漏りになった事例を見たことがあります。ご注意ください。


和瓦5


?瓦をめくってみますと、赤丸の土が見えます。土葺き工法となっています。

太陽光パネルメーカーさんによっては、土葺きの屋根に設置することは、NGとしているメーカーさんもあります。

また、土葺きの屋根は非常に重い屋根となっていますので、その上にさらに太陽光を載せるのには、要検討が必要となります。



和瓦4


棟瓦とのし瓦を銅線がクロスして巻いているのが見えます。

これは旧工法の留め付けです。

巨大地震が近くで発生した場合は、棟瓦が脱落する可能性があります。

太陽光設置工事と同時に、簡易耐震補強工事も行うことを提案いたしました。


このように、日本瓦の屋根は、瓦工事業者に任せることをお奨めいたします。

高級な屋根ですので、点検・補修することで、安価なライフサイクルコストへ繋がっていきます。  (#⌒∇⌒#)ゞ


ooooooooooooooooooo


創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 kao

住宅調査・雨漏り調査  ()藭清(かみせい)

神谷 昭範(かみや あきのり)です



【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】(JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士
   二級建築施工管理技士

(株)藭清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/
     
所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋・安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多 等

ooooooooooooooooooo