屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

「雨漏り」と「雨水浸入」は同じですか?ちょっと、マニアックですが大事な内容です!

「雨漏り」と「雨水浸入」は同じですか?という質問がたまにあります。


答えは違うと回答します。


2000年に施行された住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)では、「構造安全性」と並んで「雨水浸入防止」が、10年間の瑕疵担保責任の対象とされました。

これにより、「雨漏り」と「雨水浸入」をしっかり分けることが必要となりました。

品確法では、「雨漏り」防止が瑕疵と言っているのではなく、「雨水浸入」防止が瑕疵と言っているからです。



「雨漏り」とは、何でしょうか?

雨漏り1

雨漏り5


上写真のように、部屋のなかに水滴・雨染みが発生し、これでは、住むことができないと住んでいる人が感じたときに、不具合として認識され「雨漏り」となります。



では、「雨水浸入」とは何でしょうか?

雨漏り2

雨漏り4


上の写真のように、住まい手が感知することなく、壁の裏側や柱、野地板などに雨水が伝わると「雨水浸入」となります。

そして、静かに材料劣化が進行します。気付いたときにはもう遅いことが多いです。


品確法で、「雨水浸入」の責任が構造安全=地震被害と同列に、法的責任が強く問われたことに対して、違和感を感じましたが、「雨水浸入」防止は建物の耐久性に関与し、ひいては耐震性にも影響を与えるからです。


住宅を購入される方は、少なくとも10年間は、「雨漏り」しない家だけではなく、「雨水浸入」しない家を購入していることになります。



住宅調査が一般的に普及してきますと、小屋裏点検、床下点検、基礎点検などが10年以内に行われることが予想されます。

ややこしいと思われるのが、腐朽劣化していなくても、「雨水浸入」が発見されますと住宅瑕疵担保履行法の対象範囲にもなります。

今までは、腐朽していない・雨漏りまでには至っていないので、問題ないとすませていましたが、これから指摘されるのではないかと心配になります。

今まで以上に、高い防水性・雨仕舞を採用することも選択肢の一つですね。  (#⌒∇⌒#)ゞ




ooooooooooooooooooo


創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 kao

住宅調査・雨漏り調査  ()神清(かみせい)

神谷 昭範(かみや あきのり)です



【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】(JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士
   二級建築施工管理技士

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/
     
所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋・安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多 等

ooooooooooooooooooo