読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

金属屋根材の暴露試験体解体調査から気付いたことをご紹介いたします!

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

先日の研究会において、「金属屋根軒先の劣化」について発表があり、大変興味深く拝聴しました。

 

f:id:capuriclub:20161215170423j:plain

 

その中で、暴露試験体の解体調査について、簡単な説明がありました。

 

f:id:capuriclub:20161215170545j:plain

 

この暴露試験体はつくばにおいて、38年間暴露されたものです。

詳しい内容は2015年9月に行われた日本建築学会大会学術講演梗概集「木造住宅の耐久性向上に関わる建築外皮の構造・仕様とその評価に関する研究 長期間経年した勾配屋根暴露試験体の解体調査報告」をご覧ください。

 

この解体調査では7つの金属屋根材の試験体がありました。

大変驚いたのですが、その試験体すべての軒先野地板が腐朽していました。

金属屋根材の種類は異なるものがありましたが、そのすべて劣化していました。

その特徴的な部分を少しご紹介いたします。

 

f:id:capuriclub:20161215171820j:plain

 

上はアルミニウム合金板の心木有瓦棒です。

38年経過しても目立った腐食は見られません。

高価な材料を使えば、金属屋根は長持ちするのかな?と一瞬思います。

 

f:id:capuriclub:20161215172504j:plain

 

解体がはじまってビックリです。

野地板の軒先部がボロボロで腐朽により孔が開いています。

屋根材の腐食がなくても、軒先部から雨水が浸入することにより、このように著しい野地板の腐朽が進行していました。

このように野地板が腐朽しますと屋根材を留め付けている釘・ビス等の保持力が低下しますので、強風時に飛散するリスクが高まります。

実際、台風の後に電線などに金属屋根材がくしゃくしゃになって引っかかっている映像をよく見ますが、このような劣化によるものです。

 

軒先部を拡大してみますと、

 

f:id:capuriclub:20161215173257j:plain

 

心木の部分が垂木とも腐朽していることがわかります。

軒先の水切り(唐草)をはるかに雨水が登っています。

 

最近、緩勾配の金属屋根材が新築で増加しています。

ガルバリウム鋼板になったので、劣化しないという話をよく聞きますが、アルミ材でもこのように野地板が劣化しています。

長寿命住宅を考えていらっしゃるお施主様は野地板・屋根材交換のメンテナンスが必要となることをご承知くださいね~。

 

その他の試験体も驚く状態でしたので、後ほど、ご紹介いたします。

 

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o