屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

瓦屋根の雨漏り原因は谷シートと下葺き材の劣化でした!もったいないですね!(南知多)

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

2階の天井から雨漏りしたということで雨漏り調査に伺いました。

築20年を超えた中古住宅物件でした。

 

f:id:capuriclub:20161209184725j:plain

 

雨漏りによりクロスが少し剥がれていました。

そこで、小屋裏を確認しました。

 

f:id:capuriclub:20161209184956j:plain

 

すると、天井部分に雨漏り痕が確認できました。

結構、雨漏りが続いている形跡がありました。

 

f:id:capuriclub:20161209185118j:plain

 

野地板の裏面を見ますと雨漏り痕がありました。

間違いなく雨漏りですが、平部からの雨漏りでめずらしいなぁ~と思いました。

 

f:id:capuriclub:20161209185355j:plain

 

そこで、屋根の上を見てみると和瓦(日本式)でした。

雨漏りしている付近を確認してみました。

 

f:id:capuriclub:20161209185521j:plain

 

すると、その近くに谷部がありました。

さらに、樹脂+アルミ芯材のシートが谷板金の代わりに使用されていました。

そのシートが劣化して破れていました。

 

その左側の瓦をめくってみますと雨水浸入痕がありました。

谷部のシートの破損箇所から青⇒の方向に雨水が浸入していました。

 

f:id:capuriclub:20161209193931j:plain

 

⇒の方向の下葺き材は紙に近い材質のもので、劣化して孔が開いていました。

 

f:id:capuriclub:20161209194141j:plain

 

完全に亀裂が入っている部分もありました。

このように経年劣化により、下葺き材に完全な亀裂・孔が開いてしまうと雨漏りが発生してしまいます。

 

瓦の平部からは雨漏りの発生は少ないのですが、谷部、棟部、天窓などの不具合からの雨水が流れ込むと今回のように雨漏りとなってしまう傾向があります。

 

この現場では、谷部の水切りシートの劣化と下葺き材の劣化が重なった現場でした。

屋根材である瓦は耐久性が高いので、下葺き材や水切り等の耐久性も瓦に併せて高耐久仕様とすることがトータル的には安価となります。

瓦屋根の下地のお奨めはホールレス工法+透湿ルーフィングです。

高耐久仕様の屋根となりますので、屋根のメンテナンス費は大幅に軽減できますよ~!

 

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o