屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

築30年の和瓦(日本式)のしっくいの剥がれがありました!でも、葺き替えの必要はなく経済的ですよ!

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

築30年の和瓦(日本式)の屋根を2棟並びで観察しました。

 

1つはマロン色と言われる赤・ピンク系の和瓦の屋根です。

 

f:id:capuriclub:20161206181104j:plain

 

棟部は7寸丸と棟瓦を使用して、のし積みなしの工法となっています。

赤丸は棟のしっくいの一部分が剥がれて、瓦の上に散らかっている状態です。

 

f:id:capuriclub:20161206181449j:plain

 

しっくいが剥がれている部分は葺き土(茶色)が露出しています。

左側をよく見ると葺き土にひび割れが見られます。

この状態が長く続きますと葺き土が徐々に雨水で浸食されていき、雨漏りのリスクが高まります。

 

f:id:capuriclub:20161206183939j:plain

 

この写真を見るとしっくいを補修しましょうということになります。

しかし、気になるのはしっくいだけではありません。

 

f:id:capuriclub:20161206184308j:plain

 

冠瓦を留めている釘が完全に浮いています。

これでは強風により脱落する可能性があります。

 

しかし、この現場は狭小地のため、数枚にもおよぶしっくいの剥がれや釘抜けでも地上からでは全く確認できません。

屋根に上がる点検で、はじめて発見することができます。

 

もう1つの屋根は清箔色の和瓦です。

 

f:id:capuriclub:20161206185314j:plain

 

一般の方が見るといぶし瓦だと思われると思います。

しかし、これは釉薬瓦で、いぶし瓦に似た色となっています。

築30年でもほとんど変色・褪色することがありません。

 

f:id:capuriclub:20161206185643j:plain

 

見分け方は軒先瓦などを見ますと緊結するために小さい穴を開けています。

そのとき、素焼き色(オレンジ)が見えると釉薬瓦(清箔色)となります。

緊結部も同じいぶし色ですといぶし瓦となります。

清箔色で築30年経過したものをはじめて見ましたが、変色・褪色していないのに改めて感心しました。

 

f:id:capuriclub:20161206190146j:plain

 

また、棟部のしっくいの剥がれも発生していませんでした。

先程の7寸丸一本伏せに比べて、のし積となっている分だけ、雨水の浸食や振動などによる剥がれが発生しなかったと思われます。

 

築30年の和瓦の屋根を観察し、部分補修の必要はあるものの、スレートや金属屋根のように屋根替えする必要もない和瓦(日本式)の耐久性の良さを再確認しました。

メンテナンス費を含めた経済性を考えると和瓦(日本式)は安価ですね~!

 

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o