読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

雨漏りと設備の漏水の区別はむずかしいですね!まずは、しっかりした調査を!

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

雨漏り調査を行ったら、雨漏りではなく、実は設備からの漏水だった事例をご紹介いたします。

 

大雨だった翌日にご依頼をいただきました。

「雨漏りしているので直してほしい。」とのことで、現場に伺いました。

 

f:id:capuriclub:20161129181542j:plain

 

床が変色していました。

このような変色まで行くには、かなり前から雨漏りしていると予想しました。

 

そこで、小屋裏へ登りました。

 

f:id:capuriclub:20161129181827j:plain

 

小屋裏から屋根板を赤外線サーモグラフィで撮影しました。

 

しかし、雨漏りの形跡を示す温度変化がありませんでした。

床が変色するまで常時雨漏りしていると推測しましたが、全く外れました。

目視でも屋根板をしっかり観察しましたが、異常は見当たりませんでした。

これは直感的に「雨漏りではないなぁ」と思いました。

そこで、周辺をよく観察してみると設備の配管がありました。

この可能性もあるので、配管部分を暗い中でしたが、よく観察しました。

 

f:id:capuriclub:20161129182828j:plain

 

ビンゴ!でした。

バルブの部分から若干の水垂れが確認できました。

この水垂れは少量なのですが、常時、ポタッ・・・ポタッ・・・と床に落下していたため、床が変色するまで至ったと思われます。

 

雨漏りと設備の漏水の区別はなかなか難しいですね~!

通常の雨漏りでは、雨が止んだ翌日まで雨漏りし続けることはないと思います。

雨の翌日も水漏れが止まらない場合は、設備の漏水を疑ってくださいね~!

ただ、心配なのは雨漏りだと思いますので、まず、雨漏り調査を依頼することで順番としてはいいと思いますよ~。

補修は原因をしっかりと解明してから行うことをお奨めいたします。

原因が設備の漏水なのに、雨漏り業者の感で、外装を補修しても直らないですからご注意くださいね~!

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o