読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

今日もまた、化粧スレート屋根に多くの踏み割れが観察できました!10年以内の方は点検を!!

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

築10年過ぎの化粧スレート屋根を観察しました。

太陽光パネル設置なし、再塗装なしの現場です。

 

f:id:capuriclub:20161011212607j:plain

 

相変わらず、たくさんの割れがありました。

 

f:id:capuriclub:20161011212758j:plain

 

パックリと横割れです。

 

f:id:capuriclub:20161011212840j:plain

 

軒先部が完全に割れて、本体からズレ落ちています。

この辺の割れはお施主様でも見れば割れているとわかるのですが、屋根の上を観察できないので気付いていません。

 

その他にも、一般の方ではなかなか気付かない踏み割れも数多く見られました。

 

①横割れタイプ

 

f:id:capuriclub:20161011213210j:plain

 

f:id:capuriclub:20161011213436j:plain

 

②前後継ぎ目の割れタイプ

 

f:id:capuriclub:20161011214019j:plain

 

f:id:capuriclub:20161011214050j:plain

 

f:id:capuriclub:20161011214117j:plain

 

f:id:capuriclub:20161011214142j:plain

 

③釘による縦割れタイプ

 

f:id:capuriclub:20161011214352j:plain

 

f:id:capuriclub:20161011214427j:plain

 

f:id:capuriclub:20161011214530j:plain

 

これらの割れはおそらくスレート屋根を見慣れた、屋根の専門家しか気付きません。

 

基礎・外壁の場合はクラックはクラックスケールで幅および長さを計測します。

ホームインスペクターでは0.5㎜以下は軽微な不具合としています。

しかし、0.2㎜程度であれば十分、毛細管力により浸水していきます。

また、0.5㎜より大きいクラックは不具合となり補修が必要となります。

 

屋根の場合はクラックに基準があるかと言いますと明確にはありません。

逆に、言うと雨漏りの心配がありますので、クラックはないことが業界基準と言えます。

これらはクレーム対象と言えると思います。

それではなぜ、クラックが発生したのでしょうか?

実は施工中の踏み割れによるクラックです。

 

お施主様が新築時に気付いていたら、補修をお願いするのではないでしょうか?

また、10年以内の点検で発見された場合はどうでしょうか?

屋根は壁と比べて、お施主様の目に触れることが少ないため、点検自体もほとんど行われていないと言えます。

 

化粧スレート屋根は多くの分譲住宅に採用されている商品です。

是非、5年、10年時に屋根の点検を実施されることをお奨めいたします。

ほとんどの現場で踏み割れが発生していますよ~!