屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

半田市にあるテーマパーク・ミツカンミュージアムは素晴らしい景観ですね〜‼︎

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

愛知県半田市には体験型博物館ミツカンミュージアムがあります。

大人気で事前予約制となっています。

 

f:id:capuriclub:20161008161617j:image

 

創業地の半田において、ミツカンの酢づくりの歴史や食文化の魅力、半田市の祭りなど楽しく学べます。

1時間程度で、コンパニオンさんのアテンドのもと、5つのゾーンを体験して行きます。

試食は予想より少なく酢のジュースだけでした。

 

ミツカン本社のすぐ近くにあり、周辺全体が整備されています。

創業1804年から212年間、この地で酢づくりをされている歴史ある大企業です。

 

f:id:capuriclub:20161008162619j:image

 

半田運河沿いに昔から醸造蔵が立ち並び、酢や酒を江戸に船で運んでいたそうです。

その名残りで、黒塀の景観が維持されています。

 

f:id:capuriclub:20161008164048j:image

 

ミュージアムも黒壁といぶし瓦で景観にマッチしています。

 

f:id:capuriclub:20161008173518j:image

 

ミュージアムの瓦屋根越しのミツカン本社です。

 

ミュージアムの前は、瓦のコバ立てがアクセントとなっているきれいにデザインされた庭があります。

 

f:id:capuriclub:20161008174034j:image

 

f:id:capuriclub:20161008174303j:image

 

ミュージアム前の運河沿いには、ミツカンマークが入った建物が並んでいます。

手前は、昔の蔵の外壁を再現し、腰壁には酢づくりに使用された六尺桶材をばらして再利用されています。

屋根はいぶし瓦となっています。

 

f:id:capuriclub:20161008175337j:image

 

運河の奥には江戸時代からの木造蔵を外観がそのままに修繕され、象徴的な景観を保存されています。

 

さらに屋根について注目してみますと、

 

f:id:capuriclub:20161008180225j:image

 

手前の建物は屋根が新しい瓦で葺き替えられています。

その奥は古い瓦のままです。

その瓦屋根の棟を注視しますと、

 

f:id:capuriclub:20161008180757j:image

 

カラスが停まっている棟は外付けの棟耐震補強金具で、耐震補強されていました。

わかりにくいですが、のし瓦の下に補強金具があります。

おそらく、奥はあまり目立たないため、予算の関係で瓦の葺き替えではなく部分補修になったのだと思います。

 

もちろん、葺き替えの瓦屋根は耐震性のあるガイドライン工法となっていました。 

いろいろな人が訪れる施設はメンテナンスが重要ですね〜‼︎

 

ミュージアムの楽しい体験談については、また、ご紹介いたします〜‼︎  (o^^o)