屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

知らない人は損しているなぁと思う「パミール屋根」 凍害のまとめ。

こんにちは~。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

化粧スレート屋根材の中で、最近、問題となっているパミール屋根をあらためて観察してみました。

 

パミール屋根の劣化の特徴

 

築15年のパミール屋根を観察しました。

パミール屋根の劣化は以下の特徴があります。

 

①北面屋根

 

f:id:capuriclub:20160927191836j:plain

 

パミール屋根材の横の継ぎ目部分(矢印部分)や軒先側の先端部分が白くなっています。

これは表面剥離により、白い基材が暴露しているためです。

北面の屋根はこの表面剥離が広い面積で発生しています。

 

②南面屋根

 

f:id:capuriclub:20160927192407j:plain

 

こちらは、屋根材の表面全体が細かく白っぽくなっています。(矢印部分)

南面の特徴ですが、小さい面積での表面剥離が無数に発生しています。

北面の屋根材に比べて、横の継ぎ目部分や軒先の先端部分での広い面積での表面剥離は少なくなっています。

 

これは、屋根面にあたる日射量の違いが影響を与えています。

北面はあまり日射があたらないため、結露水が乾かず、凍害による剥離が進行しています。

 

もともとのパミール屋根材

 

上の写真では、もともとパミール屋根材がどのようになっていたのか?検討もつきません。

 

f:id:capuriclub:20160927193255j:plain

 

この写真は同じ物件の玄関上の下屋根のパミール屋根です。

同じ15年が経過しているのですが、全く剥離が起きていません。

なぜ、こんなにも違うのか?

 

玄関部分の下屋根はその上に2階壁・2階屋根があり、放射冷却の影響を遮っています。

冬季は放射冷却により、2階のパミール屋根材は毎日0℃を下回っています。

さらに、パミール屋根材は吸水性が高く、結露によって基材に多くの水分を含んでいます。

そのため、2階屋根では毎日凍結融解を繰り返すこととなり、基材強度が耐えられず、パミール屋根材はボロボロに表面剥離が発生します。

 

一方、玄関部分の下屋根は放射冷却の影響が少なく、0℃を下回ることが少ないため、凍害による表面剥離が発生しないと言えます。

 

屋根材と言えるのか?

 

このような表面剥離が発生するパミール屋根材は屋根材と言えるのか?

 

f:id:capuriclub:20160927195300j:plain

 

このように横の繋ぎ目部分が酷く剥離しています。

よく見てみますと、

 

f:id:capuriclub:20160927195446j:plain

 

剥離しているだけではなく、剥離しすぎて基材がなくなっている部分もあります。

 

f:id:capuriclub:20160927195600j:plain

 

f:id:capuriclub:20160927195620j:plain

 

もともと約6㎜ある基材が剥離しすぎて、0㎜になっています。

 

これが進行すると雨漏りの怖れがあります。

通常の屋根材ならば、塗装を行うことで劣化の進行を遅くします。

他の化粧スレートや金属屋根材などが塗装します。

 

しかし、パミール屋根材は塗装することもNGなのです。

塗装するには、基材を高圧洗浄によってきれいにする必要があるのですが、パミール屋根材では高圧洗浄すると基材の割れ・剥がれが著しいため、洗浄できず、塗装もできません。

通常、化粧スレート屋根材に期待する耐久年数を待たずして朽ちるパミール屋根材は屋根材と言えるのでしょうか?

 

さらに心配な現象が!

 

朽ちている部分をさらに観察しました。

 

f:id:capuriclub:20160927201225j:plain

 

矢印の部分の基材がなくなっています。

 

f:id:capuriclub:20160927201307j:plain

 

ななめから見るとこんな感じです。

薄くなっている基材がさらに層状に剥離しそうな亀裂が観察できます。

 

f:id:capuriclub:20160927201446j:plain

 

さらによく見るともっと心配な状況が確認できました。

繋ぎ目部分から少し軒先側の部分に剥離がありました。

3㎜程度、深く剥離しています。

この部分はパミール屋根の構造上、1枚重ね部分となります。

つまり後3㎜深く剥離すれば、孔が開きパミール屋根材の下に雨水が大量に浸入することになります。

 

f:id:capuriclub:20160927202106j:plain

 

この部分もかなり剥離しています。

 

f:id:capuriclub:20160927202152j:plain

 

このようなくぼみとなりますと水が溜まるため、加速度的に凍害が助長されます。

20年を待たずに孔が開き、雨水浸入する屋根材はどんなものでしょうか?

 

車業界ならリコールという制度がありますが、住宅ではあまり聞かないですね。

問題があると認識されていてもこのままなのでしょうか?

 

パミール屋根材自体も販売当初はアスベストが入っていない画期的な化粧スレート屋根材だったのですが、おそろしいものですね。

屋根は住宅の中では、もっとも厳しい環境下となりますので、新素材は耐久性をよく見定めて選ぶことが重要といえます。

これまでも、セメント系、樹脂系など多くの商品が不具合を発生して、消えていっていますのでご注意くださいね~!

 

 

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o

創業1868年(慶応4年)三州瓦製造・販売・工事 

住宅調査・雨漏り調査  (株)神清(かみせい)

f:id:capuriclub:20160615183549j:plain 神谷 昭範(かみやあきのり)です

【趣味】旅行、野球観戦、自転車、スイーツ食べ

【資格】二級建築施工管理技士

    (JSHI)(住管協)ホームインスペクター

    住宅メンテナンス診断士

    赤外線建物診断技能師/気密測定技能者 

    石綿作業主任者    

(株)神清ホームページ:http://www.kamisei.co.jp

雨漏りホームドクターhttp://www.kamisei.co.jp/amamori/

所在地:愛知県半田市高浜市

フリーダイヤル:0120-951-890

調査場所:名古屋市安城刈谷・岡崎・豊田・三河・知多

o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o~o