読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

40年、20年前の瓦屋根を調査しましたが問題ありませんでしたよ‼︎

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

住宅調査の屋根調査を行いました。

木造瓦葺きの増築有り物件でした。

 

昭和50年築の部分は瓦屋根でした。

 

f:id:capuriclub:20160910172251j:image

 

シルバー色の日本瓦、土葺き構法となっていました。

41年前の瓦ですが、瓦自体の割れ、剥離などはなく、しっかりしていました。

 

f:id:capuriclub:20160910172606j:image

 

裏には「三州ヤマ平」と社名が入っていました。

 

f:id:capuriclub:20160910172956j:image

 

当然、棟は旧工法でしたが、大面のしには突起部分があり、耐震?の工夫がありました。

 

続いて、増築部分を調査しました。

 

f:id:capuriclub:20160910173643j:image

 

こちらは平成7年築の瓦屋根でした。

 

平部は引っ掛け桟葺き構法でした。

瓦は3段に1段を釘留めしてありました。

(昔の施工方法です。)

 

f:id:capuriclub:20160910174940j:image

 

瓦桟木は15×40mm、縦桟木は9×40mmでした。

瓦桟木、縦桟木ともに腐朽劣化はありませんでした。

ルーフィングも劣化は見られませんでした。

 

f:id:capuriclub:20160910175959j:image

 

釘も錆びなどの腐食はありませんでした。

 

21年経過していますが、瓦屋根自体は全く問題ありませんでした。

瓦は「鶴弥」と社名が入っていました。

 

40年、20年ともメンテナンスが行われた様子は全くありませんでした。

棟部分を除けば、瓦屋根はしっかりしていましたよ〜‼︎