読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

縄文時代も屋根と換気孔はありました⁉︎軒の出も⁉︎

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

今日は偶然通った蜆塚遺跡(静岡県浜松市)を散策しました。

 

f:id:capuriclub:20160803183047j:image

 

博物館と看板が出ていたので、お手洗いに行こうと入ったら、このような住居に遭遇しました。

茅葺き屋根の建物が5棟程度ありました。

 

f:id:capuriclub:20160803183415j:image

 

3,000〜4,000年前(縄文時代)にあったムラの遺跡だそうです。

 

建物としては、「平地式住居」と呼ばれるものです。

穴に柱を立てて、その上に木や草で地面まで屋根を造りました。

雨水浸入を防ぐために、地面と屋根の境に盛り土をしたようです。

住居の真中で料理と明かりのために、火をおこしていました。

屋根の妻部分には、大きな換気孔が一対でありました。

 

f:id:capuriclub:20160803185318j:image

 

f:id:capuriclub:20160803185349j:image

 

3,000年前から屋根と換気孔はあったんだなぁと思いました。

壁は無くても、屋根があれば雨をしのげると縄文人は思っていたのかなぁ?

 

f:id:capuriclub:20160803190018j:image

 f:id:capuriclub:20160803190623j:image

f:id:capuriclub:20160803190649j:image

f:id:capuriclub:20160803190754j:image

f:id:capuriclub:20160803190822j:image

f:id:capuriclub:20160803190100j:image

 

妻側に壁があるタイプもありました。

軒の出はしっかりありますね。

 

このムラでは、5棟・30人ぐらいが暮らしていたそうです。

平均寿命は40歳程度だったそうです。

ムラの中にお墓もありました。

この地で、1,000年程度ムラが存在していたようです。

 

f:id:capuriclub:20160803190935j:image

 

貝塚もそのままありました。

昔はこの辺が海岸だったのかなぁ?

土地勘がないのですが、ここは海まで、まだかなり距離があるところだと思います。

 

ちらっと見ただけなので、遺跡の内容が把握できていませんが、せっかくなのでもうちょっと調べてみようと思います。

もっと、わくわくするような話があるかも?

面白い話があれば、また、ご紹介いたしま〜す!o(^▽^)o