読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根・雨漏りの調査員のブログ

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。仕事であり、趣味である屋根・雨漏り調査などからリフォーム・メンテナンスに関するお役立ち情報を誠実にわかりやすく書いています。

つい、大手建材メーカー様達の文句を書いてしまいました。(。-_-。)

こんにちは〜。

屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

 

ふと、住宅業界新聞を見るとトイレの宣伝に目が止まりました。

 

f:id:capuriclub:20160721193619j:image

 

「100年クリーン」

「水のチカラで、ずっと輝く」

 

何かすごい技術の進歩があったのかな?

と期待しました。

 

よく見てみると、

 

f:id:capuriclub:20160721193838j:image

 

トイレの汚れが、ツルンっと落ちる。

リング状の黒ずみ、くすみとサヨナラ。

 

掃除しなくても、水のチカラでトイレが汚れない、画期的なトイレ。

 

これで、飛び散りも改善されているなら、家のトイレを交換しようかなと思いました。

 

あれ、小さい※があるなともっとよく見てみました。

 

f:id:capuriclub:20160721194600j:image

 

新品時のツルツルが、100年つづく。※

 

衛生陶器で焼物とはいえ、100年新品とは勇気のあるキャッチコピーだなぁと思いました。

瓦も100年持つとは言えても、新品のままとは決して言えないので。

 

よく見ると、※でさらに小さい文字で、

同一部位の摩擦回数2往復で年間365日お掃除した場合。お掃除ブラシで約7万回(100年相当)の往復を想定しています。

 

これを見て、さっぱりわからなくなりました。

 

汚れは水のチカラで落ちるが、100年新品を続けるには、ブラシ掃除が必要と言うことなのか?

それとも、汚れは毎日ブラシ掃除2往復しないと残るのかな?

 

さらに、7万回、実際には擦ったのか?

7万回擦る間に、ブラシは何本擦り減ったのか?

便器は、7万回擦っても穴が開いたり、色落ちはしないのか?

 

折角の宣伝なので、もう少しわかりやすくしてほしいと思いました。

小さい※で、逃げる手法を大手建材メーカーがよくやっているのを目に見ます。

買う側は、小さい※まで目が付かないので、実はすごい不親切だと思います。

この部分に魅力を感じて買った人は騙されたと感じます。

こんなので、いいのでしょうか?

 

「大手建材メーカーは大クレームがあっても、大手ハウスメーカーの物件に対しては、無償で交換するが、工務店さんの物件は補償外と言って、取り合わない。」とか。

「踏み割れしても、施工側の責任にする。」とか。

アスベスト問題についてもマニュアルだけ。」とか。

「参加せず、終わってから文句を言って妨害する。」とか。

エトセトラ、エトセトラ。

 

 

今日は、何か不満を言いたくなってしまいました。

読んでもらって、不快な思いをされた方はごめんない。  (。-_-。)

 

明日から、また、楽しいブログを心がけま〜す。o(^▽^)o